お問い合わせ
HOME
医院紹介
スタッフ紹介
院長コラム
治療内容
交通アクセス
診療予約
日本臨床矯正歯科医会
このサイトをご覧頂くには、
プレーヤーソフトウェア
が必要です。
指しゃぶりへの対応
最近、患者さんご本人やその弟さん妹さんからのご相談を受けることが多くなりました「指しゃぶり」に関しまして、成書から項目を引用してご紹介致します。本文中にもございますが、矯正歯科医が関与させていただく前の段階の考え方としてご理解ください。
  指しゃぶりによる典型的な咬合あるいは口腔周囲の症状は、 @上下の前歯〜すき間 A上唇の突出 B習慣性呼吸(鼻づまりがなくても、いつもポカーンと口を開き、口で息していること) C唇の乾きや荒れ D上唇が締まりなくめくれあがっていたりすること などが挙げられます。その程度は、指をしゃぶっていた期間、回数、吸う強さなどによって個人差が出てきます。その他にも指しゃぶりをしやすいあごの形態をしている(受け口よりも出歯のほうがしゃぶりやすく影響も出やすい)ことなども関係します。
0〜2歳 神経質にならずに様子を見守りましょう
  一般的には、2歳頃までの指しゃぶりは、歯科的には問題は少ないとされています。この年齢では、指をしゃぶるからといって、まわりの者が神経質に騒ぎ立てる必要はありません。ただ、その指しゃぶりが、将来一つの頑固な癖として習慣化し、固定化してしまうことがあるので、2歳近くになったら口の中に入っている指をそっとはずしてあげるようにしたほうが良いでしょう。
3、4歳 3歳過ぎたらやめさせましょう
この時期にやめれば歯並びは自然に元に戻りやすい
 3歳過ぎても指しゃぶりを続けている場合には、歯並びにも多かれ少なかれその影響は現われてきます。しかしこの時期までに指しゃぶりをやめれば、程度のひどい場合を除けば、出歯にならず、歯並びは自然に元の状態に戻ることが多いようです。しかしながら、この時期を過ぎても頑固な指しゃぶりを続けていると、自然に治る見込みは少なくなります。指しゃぶりの悪い影響を防ぐには、この時期で指しゃぶりをうまくやめさせられるかどうかがポイントになります。その意味では、この時期はたいへん重要な時期といえます。
5、6歳 悪くなった歯並びは、自然には元に戻りにくくなります
永久歯が生える前までにやめさせましょう
この時期になっても頑固な指しゃぶりが続いている場合には、積極的に指しゃぶりをやめさせることを考える必要があります。この時期以後の指しゃぶりは、いろいろと歯科的な問題が現われ、その影響は小学校1年生頃に生えてくる上あごの前歯が前突し、上あごの舌側の歯槽骨の形も入っている指の形と相似形になる場合もあります。
指しゃぶりをやめさせるにはどうすればよいのか
1 やめたほうがよい理由を子どもによく説明する
2 子どもの気持を尊重する
3 頑張ったときは「誉める」
4 子どもの努力を形にあらわして記録させる
5 目標(時間と期間)は徐々に高くする
6 ごほうびを事前に教えておく
7 小物を利用して指をしゃぶりにくくする
8 以上によっても効果がなければ歯科医に相談してみましょう
やめさせる時のお母さんのスタンスと役割
  指しゃぶりをやめさせる時には、お母さんまたはいつもお子さんの面倒をみていらっしゃる方が、指しゃぶりに対してどのような考えを持っているかということが重要になってきます。指しゃぶりをやめさせることをかわいそうと考えるか、それともひどい歯並びになってしまうことの方がかわいそうと考えるか、その考え方の違いによって、やめさせようという熱意が違ってくる筈です。また、歯科医院に相談にみえる方の中には、“歯科医師まかせ”の態度をとる方がいらっしゃいます。しかし歯科医師はあくまでも指しゃぶりをやめさせる方法を指導したり、励ますなど、手助けするだけで、お子さんの指しゃぶりを治してあげられるのは、歯科医師ではなく、いつもそばにいるお母さんなのです。指しゃぶりをやめさせる時のお母さんの役割は重要で、その成功の鍵はお母さんにあるといえます。留意していただきたいスタンスを列記します。
指しゃぶりに対して真剣に取り組む
  指しゃぶりがしにくくなる生活環境づくり
  たくさん誉めてあげる
  スキンシップをはかる
  家族の協力を求める
  精神的な支えになる
  口うるさく言い過ぎない
 
INDEX | 医院紹介 | スタッフ紹介 | 院長コラム | 交通アクセス | お問い合わせ
治療内容【 歯科矯正治療について : 矯正力の考え方 : 口腔内清掃指導 : 当医院の治療例
〒270-1343千葉県印西市結縁寺525-3 TEL/FAX:0476-46-7100
Copyright 2005 Funao Kyosei Dental Clinic. All Rights Reserved.